×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

電気工事士の仕事と求人 必要な資格と就職・転職案内

電気工事士

電気工事士,仕事,求人,必要,資格,職探し,方法,

電気工事士とは、ビルや工場、商店、一般住宅家屋などの電気設備の安全を守る仕事を担っている人を指します。電気設備などを有している施設などでは、感電や漏電火災、停電による電気供給の停止など、さまざまなトラブルが起こります。同じように、それを修理する側にとっても、感電などの危険が伴うということにもなります。

そのため、知識や技術を有していなければ、命に関わる問題が起こる可能性が高いということが言えます。すなわち、一定の資格を持っている人だけに工事を行うことが認められています。

 

電気工事士の資格は、電気工作物の保安に関して必要な知識や技術について、一定の基準に達しているかどうかを確認する検定試験で、国家資格となっています。受験資格は、学歴、年齢、経験など制限はありません。誰でも受験することが出来ます。しかし、高所や狭い場所での作業が多いことから、手先の器用さ、運動神経の良さなどが必要だとされています。

 

電気工事士は、電気を知り尽くした人材ということになりますから、電気がなくては生活出来ない現代において、なくてはならない存在であることは間違いありません。そのため、求人も絶えず出ています。電気工事士は、現代において、欠かせない職業と言えるでしょう。


種類

電気工事士には、2種類の資格があります。第1種電気工事士と第2種電気工事士です。

 

第1種電気工事士は、一般住宅や店舗などの600ボルト以下で受電する設備から、500キロワット未満の需要設備の工事、修理、点検などが出来る資格となっています。検定試験は年に1回、地域ごとに1箇所以上の会場が設けられています。

 

第2種電気工事士では、第1種電気工事士の範囲より狭く、一般住宅や店舗などの600ボルト以下で受電する設備の工事や修理、点検などが出来る資格となっています。検定試験は年に1回、都道府県ごとに1箇所以上の会場が設けられています。

 

そのほかにも、電話線や通信ケーブルなどの電気通信回線の接続工事をすることが出来る資格となっている工事担任者や、発電所や送配電施設で電気工事の施工計画を立てたり、現場の工程管理を行ったりする電気工事施工管理技師などがあります。

第2種電気工事士資格

電気工事士の資格を取得するためには、専門学校や電気工事に関する各種専門教育を受けられる学校、通信教育、独学などで勉強し、国家試験である検定試験に合格する必要があります。

 

電気工事士は、基本的に受験資格がありません。そのため、独学でも勉強することが出来ます。しかし、独学では、どこから勉強すればよいのか、どういった教材がよいのかといった点から、取り掛かるまでに時間が掛かってしまうというデメリットがあります。それを解決してくれるのが通信教育ですが、通信教育は、自分で時間を作って勉強していかなければならず、自分を管理出来る人には向いていますが、怠けてしまいがちな人には、不向きとなります。

 

専門学校や高等専門学校などでは、集中して勉強できる環境を作ってくれますし、身に付けなければならない知識や技術をピンポイントで学ぶことが出来ます。そのため、確実に合格を目指したい、時間を掛けないで資格を取得したいと考えている人にはメリットとなるでしょう。さらに、専門学校などにおいては、検定試験なしで、卒業と同時に第2種電気工事士の資格を取得することができ、免許状が交付されるシステムとなっています。そのため、第1種電気工事士を受験するまでの最短距離となっています。

こちらDODAが転職のプロ厳選の求人を大公開!


経験が必要

電気工事士の資格を取得するためには、検定試験に合格しなければなりませんが、検定試験に合格しただけでは、資格を取得したことにはならないというのは、電気工事士の特徴と言えます。電気工事士は、電気を扱う危険な仕事を担っている人材であるため、工事や修理などをする際には、免許状の携帯を義務付けられています。その免許状を取得するためには、条件があるのです。

 

第2種電気工事士の場合は、専門学校や大学、短大などの機関で、電気工事などについての知識や技術を身に付け、卒業すると同時に、免許状が交付されます。しかし、第1種電気工事士の場合は、大学や短大、高等専門学校などで電気工事についての知識や技術を身に付け卒業したあと、3年以上の電気工事などの経験を積まなければ、免許状が交付されません。また、それ以外の教育によって検定試験に合格した場合には、5年以上の経験を積まなければ交付されないとされています。

 

また、工事担任者や電気工事施工管理技師などについては、分野が専門職になるため、知識や技術だけでなく、豊富な経験や判断力など、その人の技量も優れている必要があります。そのため、キャリアを積み上げなければ、こうした資格を取得することが出来ません。

求人情報

電気工事士の求人情報は豊富にあります。電気工事士は、現代生活において、なくてはならない存在です。そのため、需要も多く、仕事求人情報を扱っているサイトなどでも、電気関連の企業からの求人情報を多く扱っています。

 

ジョブダイレクトやリクナビNEXT、ガテンnetなどで、求人情報を検索することが出来ます。また、専門学校や大学、短大といった教育機関を卒業する場合には、学校の就職部などの情報を参考にすると良いでしょう。危険を伴う仕事だけに、電気工事士の求人情報には、経験を条件にしている場合も見受けられます。つまり、卒業したばかりだと、就職先を見つけるのは困難ということが言えるでしょう。専門学校や大学、短大といった教育機関の就職部で扱っている求人情報は、多くが学校と提携を結んでいます。つまり、学校がサポートしてくれるため、未経験でも受け入れてくれるのです。そうしたところで経験を積み、技術を磨くことも必要です。

 

更に、電気工事士の求人条件に多いのが、第1種電気工事士の資格を有していることです。つまり、第2種電気工事士の資格を有していても、優遇されるのは、第1種電気工事士であるということです。より多くの求人情報から自分に合った職場を選ぶためには、第1種電気工事士の資格を有していなければならないことになります。そういった条件からも、第2種電気工事士の資格を有している場合には、教育機関の就職情報を参考にすると良いと言えます。

こちらDODAで優良企業の求人を探そう!


転職3

電気工事士の仕事と求人 資格と職探し方法エントリー

電気工事士


種類


第2種電気工事士資格


経験が必要


求人情報


links

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20